デリヘル通のパネマジ上等!それでも通い続ける訳

地雷を踏んでもデリヘル通いを辞めない性を追求できる男の中の男にエールを送ります

*

デリヘル嬢の宣材写真のあり方

風俗業界も女性も性に対してだいぶオープンになってきた世間。それに伴い、デリヘル嬢のレベルがあがりつつある!と自分勝手な解釈をしておりますが…
今も昔も変わらずにありつづけるのが『パネルマジック』通称パネマジ。
情報サイトや店舗のホームページを見て『見つけた!!俺のカワイコちゃん!!』なんてじろじろ写真を眺め、いても立ってもいられずに店舗に電話。すぐに来てくれるだなんて俺の人生捨てたもんじゃないな…なんて思ってると「ピンポーン♪」すぐに女の子が到着。120%の笑顔を振りまいて勢いよくドアをオープン!
いらっしゃーい待ってました〜!!

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

誰だろう…誰だろう…お引き取り頂きたい。完全なる詐欺だ。バストは合ってるかもしれないがそのウエストは絶対に60センチじゃないだろう。そのヒップも90センチ以内に収まるはずがない。そもそもそのお顔は誰でしょう?俺が大好きな今をときめく堀北真希ちゃんとは似ても似つかないモアイ像もびっくりなしゃくれ顔。真希ちゃんとの共通点は女性であること以外何も見つからない。
完全に地雷だ。
といった具合に撃沈させられる男達が世の中には何人もいるわですよ。その巧妙なパネルマジックのテクニックは本当に感心するものがあります。
デリヘルに限らずキャバクラなどこの風俗業界が生み出したパネマジ。そもそも一体なんなのかといいますと

before-after

女の子の宣材写真(パネル)を実物よりも200%ほど盛った技術(マジック)のことを指します。
実物の女の子がより可愛く見えるように撮影時のライティングや衣装やヘアメイクなどで工夫したくらいなら努力として認めようと思う。というか昔はそれがキモであったはずなのですが…
だがしかし、近年見られるパネマジには「PhotoShop(フォトショップ)」など画像の加工処理ソフトを使用した全く別人を生み出すことが可能になってしまったというわけです。

実際にパネマジを利用してアフォな男をカモにしているデリヘル店では『パネマジ一切無し!』『写真修正一切無し!』等を謳い文句にしている悪質な店舗もあるほど。
ではそんな悪質店舗はどのようにその写真を手に入れているのかといいますと…

・業者に外注
一番手っ取り早いですよね。こういった業者に撮影から加工修正まで一括で委託してしまうというやり方。こういった業者は独自のスタジオを持っていたりすることもあります。何もしなくても可愛い子は撮影だけでも充分可愛く見えるのですが。
・技術者を雇う
加工修正技術のスキルをもっている人を雇ってしまうやり方。毎日写真の修正をしている訳ではないから時にはドライバーをしていたりというケースもあったり。

お肌の色を調整したり綺麗に見せたりする程度の加工はもちろん、ホクロや刺青、リストカットの跡やアザを消したたりなんてのは朝飯前。むしろ、この辺はバレ対策なども考えて許容範囲ではありますが…
顔のそれぞれのパーツ、目を大きくしたり顔の大きさを変えたりする修正や、腕・ウエスト・足などを細くしたり手足を伸ばしたりするボディラインの修正など本気で別人のように修正できてしまうのです。
どのようなケースであっても我々の夢を見事なまでに崩してくれるその技術は脱帽ですが、利用するがわからしたら正直もう引っかかりたくはない。自虐ネタはこれ以上増やしたくないわけですよ、地雷は嫌だ!(心の叫び)
当たり前のことですがお金を払って女の子とのイチャイチャ楽しみを買う訳ですから。
自分だけの堀北真希ちゃんを見つけたいのなら!
素敵な女の子が見つかるデリヘル情報デリノートでパネルマジックと戦いながら捜すことを強くお薦めします

公開日:
最終更新日:2015/08/31